top of page

人工芝はDIYで簡単に出来るのか?

こんにちは!

あおいの庭の今泉です!!


2024年2月スタートです。

神社の梅の木が咲いているのにびっくりしました。

春の訪れがもうやってきてるんだなぁと。


さて、春を迎えるまえに、、、

せっかく冬から少しづつ外回りが色づいてくる時期、お庭をきれいにと考える方はいるんじゃないかと思います。


人工芝のお庭にしたいという要望は多いのですが、ネックとなるのは初期費用の高さです!

市販品と違って、弊社で使う人工芝は費用が高めになります。

その分、1年、2年でボロボロになるようなものではなく、長く使って頂けるものになります。

(メーカーさんの耐久年数は10年です。)


じゃあ、費用を抑える為にDIYでやるという方法もありますが、

あおいの庭では人工芝の下地はプロにお任せした方がいいとお伝えしてます。

↑芝のお手入れが大変で人工芝にしたいというお客様のお庭。


道路南面に面していた為、重機の搬入が可能で

きれいに芝を取ることが出来ました。

また、ユンボのキャタピラ―を使って転圧し、

コンパクターと言う転圧機を使って水勾配を確認しながら地面を均していきます。

重機が入らない場所は、人力でせっせと草取り、不要物の撤去、土入れ等していきます。


この下地作りをしっかりやらないと、

水がたまったり、でこぼこの上に人工芝を張ることになります。


人工芝を張る前に防草シートを敷いて、

雑草が生えにくい下地を作っていきます。

ブロックとシートの隙間、際からは生える可能性がありますが、極力生えにくように張り合わせていきます。

この防草シートは太陽の光に当たらない状態では半永久的耐久性を誇ります!


人工芝のお庭の完成です!


あおいの庭では長く安心して過ごせる、使いやすいお庭づくりをしております。

お庭の使い勝手が悪くどうにかしたいなとお悩みの方はどうぞお気軽にご相談下さい(^^)



Commentaires


bottom of page