top of page

タイルテラスと水勾配の関係

こんにちは、あおいの庭の今泉です!

外構工事において最も重要になってくるのが、、、



『水勾配』



です!


室内と違って、外がフラットだと

水がたまって使い勝手の悪いものとなります。

その中でタイルテラスを作る際に水勾配をどうとるか挙げていきます。


タイルテラスの勾配はだいたい建物側から外側、庭側へ緩やかな勾配をつけて(1、2%程度)

水がたまらないように作っていきます↓


ただ、デザイン的に水を流す先に壁等をもってくる場合は、壁の内側にちょっとした溝をつくり、たまった水が階段側に流れるように工夫します↓

勾配のつけ方は1現場ごとに条件が違うので

状況に応じて検討し造作させて頂いてます。

とにかく、雨水がたまりにくいように水の排出先は気をつけています。


あおいの庭では、エクステリアを通して

楽に楽しくをコンセプトに、長く安心して使って頂けるお庭のご提案をしております!

お庭に関するお悩みのある方はお気軽にお問合せ下さい(^^)





Comments


bottom of page